スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース「ジョー・ヤウザ」2−4



スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース「ジョー・ヤウザ」2−4
ヤウザは毎日の食事の提供(これはオーバスがオートランのキーボード担当者マックス・レボと交わした契約内容によく似ている)を条件に、タトゥイーンまでバンドと同行することに同意した。
ところが、バンドが砂漠の惑星に到着した直後、オーバスはある契約を巡る争いで殺害されてしまう。しかし、彼らは悪名高いジャバ・ザ・ハットの宮殿で演奏できることになった(バンドのメンバーたちは知らなかったが、ジャバはヤズムを嫌悪していた。かつてジャバに負債を抱えていた密輸業者が生きたヤズムを積んだカーゴを運び、借金を返済しようとしたのである)。バンドがオーディションの準備をしていると、ジャバの副官ビブ・フォチューナが何気なくヤズムを隠すようにとほのめかしてきた。そして、スヌートルズはヤウザにオーディション終了まで隠れている様にと説得した。ヤウザは再びかつての孤独と悲壮感を味わいながら、宮殿の下層区域をさまよっていた。「躬恒文庫」http://www.mitune.club

SWサイ&ジョー.jpg

この記事へのコメント