スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース「ジョー・ヤウザ」2−2



スター・ウォーズ パワー・オブ・ザ・フォース「ジョー・ヤウザ」2−2
森林衛星エンドアに原住するヤズムは原始的な種族だが、中には故郷を離れ、歌手として成功した者もいた。
彼らの言語は明らかに音楽的概念に基づいており、耳障りな声だとして嫌う者もいたが、知的なヤズムの中には卓越した歌手が存在していたのも事実なのだ。そしてそのなかの1人、ジョー・ヤウザは、マックス・レボ・バンドを大成功へと導くことになるのだった。ヤウザは身長が低かったために仲間の「群」から追放された。ほとんどのヤズムは最低でも2メートルの身長があるが、ヤウザはたったの1.4メートルだったのだ。群の仲間が獲物を求めて森林を捜索していたときも、彼はしばしば見捨てられ、1人でやりくりしていた。ヤウザはその孤独な生活の間に、彼らの言葉で作った悲しみのメロディを練習していたのである。「躬恒文庫」http://www.mitune.club

SWジョー−01.jpg

この記事へのコメント